診療案内

診療案内

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 日々の生活の中で、手術を必要とするケガをすることは非常に稀なことです。その多くは手術を必要とせずに、保存的な治療が可能なものであり、柔道整復師は保存療法にこだわって古来より施術してきました。

 

 当院でもこのケガにこだわり診療に臨んでいます。また、当院では、近医整形外科をはじめ地域医療連携システムにより、平塚市民病院、東海大学病院(伊勢原・大磯)への紹介もスムーズに行われています。

骨折(外傷性)

 何らかの外力が加わり、骨組織の連続性が完全あるいは部分的に離断された状態を「骨折」といいます。つまり、骨が折れて、折れたところで骨組織がつながらなくなった状態です。

 

 当院では、超音波画像により骨折部を観察の上、施術(整復・固定)します。応急処置後、近医整形外科にてレントゲン検査確認いただき、そのあとの後療法(徒手療法・冷却療法・温熱療法・運動療法・電気刺激療法、等)を行います。

 

 特に適切な安静と、適切な運動療法を行うことが、早く使える状態に治っていくためには、大切と考えています。

脱臼(外傷性)

 何らかの外力が加わり、関節を構成している関節端が解剖学的状態から完全または不完全に転位して、関節面の生理的相対関係が永続的に失われた状態を「脱臼」といいます。つまり、関節がはずれて、正常な位置からずれてしまった状態です。

 

 当院では、骨折と同じように超音波画像により脱臼部を観察の上、施術(整復・固定)します。応急処置後、近医整形外科にてレントゲン検査確認いただき、そのあとの後療法(徒手療法・冷却療法・温熱療法・運動療法・電気刺激療法、等)を行います。

 

 特に適切な安静と、適切な運動療法を行うことが、早く使える状態に治っていくためには、大切と考えています。

捻挫

 関節可動域を超える外力が関節に加わり、関節内外の靭帯や筋、腱、関節包等の軟部組織の損傷を起こしたものを「捻挫」といいます。つまり、関節に力が加わり、骨折も脱臼も起きなかったケガのことで、多くの場合、靭帯損傷をともなっています。

 

 当院では、損傷の部位、程度の把握に細心の注意で臨み、必要な固定をお勧めします。捻挫だからとシップだけと思っていると、関節の緩みを残し、いわゆる捻挫がクセになってしまいます。十分な固定と適切な運動療法を行うことが、早く使える状態に治っていくためには、大切と考えています。

打撲・挫傷

 直接外力が加わり、結合組織や毛細血管などが挫滅したために出血したものが「打撲」です。また、種々の外力によって軟部組織が圧縮されたり引き伸ばされたりすることで発生する損傷が「挫傷」です。つまり、ぶつけたり、肉離れをしたりすることです。ふくらはぎがツッタだけで肉離れになることもあります。

 

 当院では、損傷の部位、程度の把握に細心の注意で臨み、必要であれば固定をお勧めします。早期の固定と適切な運動療法を行うことが、早く使える状態に治っていくためには、大切と考えています。

すがまた接骨院のアクセス・地図

【すがまた接骨院】

住所/神奈川県平塚市万田164-3

TEL:0463-36-1880

⇒当院のアクセス詳細はこちら

地図はクリックすると拡大します

足専門外来

足専門外来

コンディショニング・スポーツマッサージ

スポーツ外傷

交通事故治療

医院・スタッフ紹介